卵子の質・精子の質を上げるにはミトコンドリアの活性化!?

若返った卵の画像
ミトコンドリア…遠い昔に理科の授業で出てきた豆みたいなやつ。
私の中ではそんな印象でしか頭に残っていないミトコンドリア。
そんな豆みたいなやつがどうやら卵子の質・精子の質を上げる(若返りの)為の重要要素らしいのです。

ミトコンドリアと卵子の老化・精子の老化の関係性

では、豆みたいなミトコンドリアは私達の身体の中でどんな役割を担っているのでしょうか。mitocon
ミトコンドリアは人間の老化に深く関係している事が最近の研究でわかってきました。
ミトコンドリアは、全ての細胞の中にある細胞小器官で、独自のミトコンドリアDNAと呼ばれるDNAを持っており、自身で増殖しています。

ミトコンドリアは歳を取る毎にだんだんと量が減ってきます。
ミトコンドリアの質の良し悪しは加齢と生活習慣によって変化し、ミトコンドリアの質が悪くなると老化の速度も速くなってしまいます。

そして、もちろん卵子の中・精子の中にもミトコンドリアがあり、
卵子の中・精子の中のミトコンドリアが老化=質が悪くなると、卵子も共に老化していまい、妊娠率の低下や受精できない、受精しても着床しない、着床しても流産してしまう等々、様々な障害が出てきてしまいます。

卵子の質・精子の質を上げるには

それでは、卵子の質を上げる・精子の質を上げる=ミトコンドリアの質を上げるには一体どうしたら良いのでしょうか?
前のページでお話しした通り、卵子は生まれる前から女性の体内に既に数百万個存在し、それ以降新たに作られる事はなく、日々どんどん減少していっています。
という事は、卵子を増やすという事は不可能なのです。
しかし、今存在している卵子の老化を止め、卵子を若返らせる=卵子の質を上げる事は可能だと言われています。

卵子の質・精子の質を上げるためには、ミトコンドリアを活性化させる成分を摂取したり、ミトコンドリアを増やし、活性化させる生活を送ると卵子の質・精子の質が上がるだけでなく、身体全体の健康、老化防止にも繋がります。

卵子の質・精子の質を上げる為の簡単にできる生活習慣

ミトコンドリア研究や水素水の研究の第一人者である太田成男教授によると

ミトコンドリアを増やし活性化するためには、
自分の体に対して「今、エネルギーを必要としている」という事を伝える、理解させる事がとても大切
なのだそうです。
その方法とは…
 
『 ミトコンドリア活性化してミトコンドリアを増やすの為の習慣 』

◆入浴後に足先に冷水シャワーをかける
◆週に1日~2日食事を軽めにする(摂取カロリーを普段の70%程度にする)
◆1回の食事に30分以上かけ、早食いをしない
◆有酸素運動をする
◆立っている時も座っている時も背筋を伸ばし、姿勢を良くする
◆片足立ちを1分ずつ行う

 
と、非常に簡単な方法でミトコンドリアを活性化させ、増やすことができるそうです。
もちろん、たった1回や2回しただけでは効果はほとんど期待できません。
全てを実行しなくても大丈夫です。
どれか1つもいいので毎日続けることが大切です。
 

卵子の質・精子の質を上げる『イースタティックミネラル』

上記の方法に加えて、ミトコンドリアを酸化させない力を持つ成分を摂取することにより、更に卵子の質・精子の質を上げる事ができます。
その成分とは、『イースタティックミネラル』という成分です。
『イースタティックミネラル』はミトコンドリアの抗酸化だけでなく、甦らせる力(酸化還元力)もある素晴らしい成分なのです!

 
『イースタティックミネラル』の働きとは…

ミトコンドリア本来の機能が低下し、細胞活動に重要なエネルギーの生産も鈍ってしまうと、卵子・精子の機能も自ずと低下してしまいます。
『イースタティックミネラル』は、卵子・精子の活動エネルギーのもととなるミトコンドリアにエネルギーを供給する事ができる唯一のイオン化ミネラルです。